秋田ぐらし

とある秋田住民が秋田の生活をつらつらと語るブログ

*

ジョン・グリシャムの「司法取引」は超ページターナー

      2015/03/25


今、面白い小説が無いかと聞かれたら、お勧めはジョン・グリシャムの「司法取引」です。

ジョン・グリシャムといえば、リーガルサスペンス(法廷もの)の名手ですが、この本は、リーガルな要素をバックグラウンドにしながら、とにかく、スリリング。読み手を飽きさせてくれません。

上下2巻のちょっとボリュームのある本ですが、そんなことは気になりません。小説好きなあなた、とりわけ、冒険小説、サスペンス、ミステリー好きなあなたにお勧めします。

内容

内容はというと、「BOOK」データベースを引用すると、次のようなもの。

上巻 連邦判事とその愛人の殺害事件が迷宮入りかと思われた頃、冤罪で収監されていた弁護士バニスターが、真犯人を知っていると声を上げた。彼はその情報と引き換えに、自らの釈放と証人保護プログラムをFBIに要求する。藁にもすがりたい捜査当局と何度も交渉と説得を重ねたバニスターは、ついに念願の出獄を果たすのだが…。自由を求めて、破天荒な一世一代のコンゲームが始まる。
下巻 FBIは判事殺害容疑で、麻薬関係の犯罪歴があるクィンを逮捕。判事に賄賂を贈っていた彼は、当初、事件との関わりを強く否定するも、やがて自供を始める。一方、証人保護プログラムが適用されたバニスターは、当局の監視下に置かれながらも自由な日々を過ごしていた。しかしある日、突然姿を消してしまう。その身に何が起こったのか…。騙し合いに次ぐ騙し合い、衝撃の結末。

ページターナー

いやあ、ストーリー的にはこんな感じですが、この小説で特筆すべきは語り口。

自分では冤罪、または不当な収監と信じている弁護士バニスター。小説は、バニスターの一人称で語られるパートが多いのですが、一人称なので、バニスター目線というか、読み手は完全に同化してしまう。

気分はバニスターで、バニスターと同じ不安を感じながら、出獄するまでがハラハラドキドキ。冒険小説気分です。

で、上巻で早くも出獄してしまうわけですが、物語はそれで終わるわけでは無く、下巻になると、バニスターが映画づくりを始めるんですよ。

これが分からない。分からないんだけど、読み手はもうバニスターと同化しているので、引っ張られていって読んじゃいます。何がどうなっているんだ、それを知りたい一心。

バニスターがどうやら壮大な仕掛けをしているらしいのがわかってくる。その内容が知りたくてページをめくる。仕掛けの内容がわかると、と果たしてそれが成功するのかどうか。またまたハラハラドキドキ、サスペンスでページをめくる。そういう寸法です。

いやあ、久しぶりにページターナー=思わずページをめくらされる小説を読んだなあ。ページめくり体験をしたいあなたに超お勧めの本です。

 - 読書 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

レザー アスラン著「イエス・キリストは実在したのか?」

ナザレのイエス ほとんど宗教と無縁の生活を送っている平均的な日本人と自認していま …

「MASTERキートン Reマスター」を2冊買った話

「MASTERキートン」との出会い これは、浦沢直樹による漫画で、アニメ化された …

ジェフリー・アーチャー/クリフトン年代記第5部「剣より強し」あらすじ

ジェフリー・アーチャーの大作クリフトン年代記を楽しく読むためのあらすじです。 第 …

平井和正が死んだ日

2014年1月17日、平井和正死去 東スポWeb 1月18日(日)14時59分配 …

Kindle for PC で新書を読もう

便利なKindle Kindle便利ですよねえ。 当方にとって、何より良いと思う …

ジェフリー・アーチャー/クリフトン年代記第2部「死もまた我等なり」あらすじ

ジェフリー・アーチャーの大作クリフトン年代記を楽しく読むためのあらすじです。 第 …

ジェフリー・アーチャー/クリフトン年代記第4部「追風に帆を上げよ」あらすじ

ジェフリー・アーチャーの大作クリフトン年代記を楽しく読むためのあらすじです。 第 …

ジェフリー・アーチャー/クリフトン年代記第3部「裁きの鐘は」あらすじ

ジェフリー・アーチャーの大作クリフトン年代記を楽しく読むためのあらすじです。 第 …

ジェフリー・アーチャー「追風に帆を上げよ」を一気読み

英国作家ジェフリー・アーチャーと言えば、希代のストーリーテラー。 しかしながら、 …

ジェフリー・アーチャー「クリフトン年代記」を読むために

英国作家ジェフリー・アーチャーについては、以前のエントリで書いたとおりの希代のス …