司法取引一覧

ジョン・グリシャムの「司法取引」は超ページターナー

今、面白い小説が無いかと聞かれたら、お勧めはジョン・グリシャムの「司法取引」です。ジョン・グリシャムといえば、リーガルサスペンス(法廷もの)の名手ですが、この本は、リーガルな要素をバックグラウンドにしながら、とにかく、スリリング。読み手を飽きさせてくれません。

スポンサーリンク