まだトラックボールを使ってないの?

IT
1

トラックボールとは

トラックボールというのは、

という形をしております。ちなみに、これは、私の使っているLOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tです。

マウスなどと同じで、コンピュータのGUI画面の操作に用いるポインティングデバイスの一種であります。

トラックボールの使い方

写真で言えば、こちらからでは無く、反対方向から手が伸ばされて指先がこちらに向かっていると考えてください。青色のボールに親指、人差し指と中指でクリック、ホイールの操作を行います。親指で操作するボールは、回転させて、方向や速さに応じてカーソル(ポインタ)を動かします。

マウスv.s.トラックボール

基本的にトラックボールは固定です。そこがマウスとの大きな違いで、操作のための広いスペースが不要。腕も固定したままで指先だけで操作ができます。マウスだとカーソルを大きくボールは、勢いよく回転させるとマウスよりも圧倒的に大きな距離をワープできます。これは大画面のディスプレイや、マルチディスプレイで非常に有利。狭い机の上で、ちまちまマウスを何往復もさせているのが馬鹿らしくなります。
気になるのは、正確性でしょうね。上の写真以外にも、色々な形のトラックボールがあって、ボールを親指で回すものだけでは無く、人差し指で回すものなどありますが、いずれにせよ相手は転がるボール。手のひらで押さえるマウスに比べて安定感では劣ります。といっても慣れの範囲。ちょっと慣れれば、グラフィックソフトも操作することができます。

トラックボールで大丈夫?

慣れといえば、トラックボールの操作に慣れるかどうかですが、嫁ちゃん、娘ちゃんも使っていますが、自然に使えています。逆にたまたまマウスを使うことがあっても、特に戸惑うことは無いですね。要は、ポインタをどう動かすかで、あとのクリックなどは同じですので、それほど戸惑うことは無いはずです。

トラックボールを使いましょう!

トラックボールにして良いことは、手に無理の無い姿勢で固定して操作できること。マウスを変えると、良く四十肩のような症状になることがあったのですが、トラックボールにしてからは有りませんねえ。肩などへの負担はマウスよりも少ないと思います。
唯一の問題は、むき出しのボールを操作することになるため、手の脂が溜まること。これは現在ほぼ光学式でボールが無くなったマウスに比べれば大きな弱点と言えるかと思いますが、
そうそう、もう一つ問題がありました。マイナーなんですよ。使い手が少なく、製品のバリエーションが少ない。こんなに良いものなのに、なんでみんな使わないかなあ。もっとユーザーが増えれば製品バリエーションも増えるだろうに。

ということで、皆でトラックボールを使いましょう!

私はさまざまなトラックボールを使ってきました。個人的には親指タイプの方が圧倒的に良いと思っています。膝の上で使えたり、立っていても腰に押し当てて使えたりと場所を選びません。またドラッグに関しても、人指し指タイプ、手のひらタイプよりもずっと自然に操作できますね。
フィット感とか総合的にみると、中でもM570tが最高だという結論です。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

IT
マルウェア感染?変な隠しフォルダができた

最近、各ローカルドライブのルートに!(mmc$!dという名前のフォルダがでるようになった。 フォルダ …

IT
Windows Server 2008 R2 上でapcupsdによりUPSを使う

apcupsdとは apcupsdは、UnixとWindowsマシン上でAPCのUPSのほとんどのモ …

IT
Windows Server 2008 R2 のドメインコントローラーのホスト名を変更

とある必要があって、Windows Server 2008 R2で構成しているドメインコントローラー …