秋田ぐらし

とある秋田住民が秋田の生活をつらつらと語るブログ

*

映画「ゼロ・グラビティ」のジョージ・クルーニーが渋い

   

ゼロ・グラビティ」を遅ればせながら拝見しました。サンドラ・ブロックが宇宙に独りぼっち、さてどうやって地球に帰る?という映画なんですが、個人的には、ジョージ・クルーニーの演ずるキャラクターが渋くて良かった。

概要

「ゼロ・グラビティ」(原題:Gravity)は、アルフォンソ・キュアロン監督による2013年の、宇宙を舞台にしたSF・ヒューマン・サスペンス映画。たった一人で宇宙に投げ出された女性(サンドラ・ブロック)は、地球に生還できるのか?

ストーリー

地球から60万メートル上空のスペースシャトル。医療技師を務めるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、スペースミッションに初めて参加する。ライアンは指揮を務めるマット・コワルスキー( ジョージ・クルーニー)とシャリフと共に、宇宙空間での船外活動を行っていた。

このミッション遂行中、ロシアが自国の衛星を破壊したところ、他の衛星も連鎖的に破壊され、宇宙ゴミとして拡散してしまう。

膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため、船内に避難するよう緊急連絡が来る。ライアンらは作業を中断して退避しようとするが間に合わず、スペースシャトルが宇宙ゴミと衝突。シャリフは頭部に宇宙ゴミが直撃して貫通し、即死。ライアンとマットは2人とも宇宙空間に投げ出される。

突発的事故により、無重力空間(ゼロ・グラビティ)に放り投げ出されたふたりの宇宙飛行士。ふたりをつなぐのはたった1本のロープ。残った酸素はあと僅か! 真っ暗な宇宙空間の究極的な状況の中、果たしてふたりは無事、地球に生還することができるのか…!

ここがポイント

主人公は、あくまでもサンドラ・ブロック。

でも、ジョージ・クルーニーが良かったなあ。ナイス・ガイとしか言いようが無い。惚れてしまうやろうという男っぷり。基本的に、ちょい軽めに振る舞るまうチャラ男風。しかし実は、相手を思いやり、絶対的に不利な状況にも冷静に判断。渋いぜ。当初は、ロバート・ダウニー・Jr(アイアンマンの人)がこの役を演ずるプランもあったらしいが、全然違ったものになっていたろうなあ。

対して、サンドラ・ブロックも演技良好。もともと、強い女の役が多い印象の彼女。ながら、宇宙にひとりぼっちという、極限状態に置かれた中で、何度も絶望的状況になりながらも、最後まであきらめない。そんな前向きな姿勢が、きっと彼女が最後には助かるんだと期待しちゃうじゃないですか。

いや、逆に言えば、ストーリーは神がかり的な奇跡の連続で(このあたりがハリウッド)できすぎ。しかし、そんなストーリーのご都合主義を感じさせること無く、物語がサクサクすすんでいくんですよ。

このハラハラ感を楽しみ、どうやって撮影したの?と思う特殊効果の数々に驚くのがこの映画の楽しみ方。正にハリウッド映画の王道作で、アカデミー賞」7冠も当然。というか、サンドラ・ブロックが主演女優賞を取っていないことにビックリした。



 - 映画 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

映画「エンダーのゲーム」とハリー・ポッター

映画「エンダーのゲーム」を見ました。SFアクション超大作かとおもったら、大きなア …

映画「ノーカントリー」はわからないことが正解?

映画「ノーカントリー」を見ましたが、わかりませんなあ。納得できる結末が無いと思っ …

映画「REDリターンズ」は楽しめる続編だった!3作目もある?

「RED/レッド」を見たからには、続編も見なきゃ。というわけで「REDリターンズ …

映画「Mr.&Mrs. スミス」は設定の巧妙さが効いた名作

珍しくメジャーなハリウッド映画を見ました。「Mr.&Mrs.スミス」。ド …

映画「クリスマスの贈り物」はハッピーエンドが良い感じ

映画「クリスマスの贈り物」を見ましたが、黒人向け、キリスト教徒向けのミュージカル …

映画「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」は太極拳が魅力!

映画「キアヌ・リーブス ファイティング・タイガー」は、キアヌ・リーブスの初監督作 …

映画「LUCY/ルーシー」はリュック・ベッソンだからこれでいいのだ

映画「LUCY/ルーシー」をこの三連休で少しヒマができたので鑑賞。リュック・ベッ …

映画「オブリビオン」はSFの本道

SF映画が好きなもので、結構見る確率は高いのですが、この「オブリビオン」という映 …

映画「ウーマン・オン・トップ」でペネロペ・クルスの魅力を堪能

映画「ウーマン・オン・トップ」を見たら、意外と好みの映画だったので、御紹介。はじ …

映画「LIFE!/ライフ」は傑作だが、吹き替えで見ちゃダメ!

特にお断りもしておりませんでしたが、映画に関しては、断固吹き替え派であります。 …